最新情報

俳句・連句講座「さきたま古墳公園」吟行の句会記録

2021/05/11 [最新情報] 最新情報

4月15日の「さきたま古墳公園」吟行のことは先月の俳句・連句講座報告として済んでましたが、句会は後日メールなどでやり取りして通信句会記録として仕上がってきます。今回の出句者はこれまでで最大の10名になり、一人7句ずつ出句しますから合計70句、句会記録もA4/12ページで大分なものになります。早速、代表句を下記に紹介いたします。どうぞみなさんの傑作をじっくり味わってください。 夏めくや手庇に見る鳥の影          あき子 やがて空塗りかへられて春の果         純子 いにしへの覇権はおぼろ古墳群         敏枝 たはむれの器用不器用草の笛          陽子 忍城と指さす先の霞かな           千恵子 樟若葉艶めく影の道を行く           徹心 吸ふ息が少し重たや夏近し            肇 初虹をくぐるパンダの引越屋          香織 ...

≫詳細

5月 吹奏楽講座

2021/05/08 [最新情報] 最新情報

5月8日は「おいでよ!羽生の杜」吹奏楽講座でした。いつもの参加メンバーを中心に5名の受講者さんでした。これまでクラリネットで練習していたMさんが今日からアルトサックスに乗り換えての初練習で、もう一人の臨時講師(?)の長谷川さんの猛烈レッスンを受けておりました。上の写真は課題曲の楽譜を見ながら合奏できるグループです。下の写真は初級者の練習風景です。

≫詳細

5月 ジャズボーカル講座

2021/05/06 [最新情報] 最新情報

5月6日は「おいでよ!羽生の杜」ジャズボーカル講座でした。写真でお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが毎回同じ静止画像です。と言うことは毎回同じ参加者が定位置に座って受講されています。すべての窓を開けて風通しを良くしてます。講師はフェースシールド、受講者はマスクをつけて2時間の講座が始まります。皆さんの歌声は5月の爽やかな風に乗って何とも心地よい空間を演出します。唯一私が聞く側に身を置いているのですから気分は最高!今日は講師秘蔵のお宝CDを聞きながらジャズボーカルのエッセンスであるブレス(息つぎ)のつき方から開始です。次に前回の復習で全員が一人ずつ歌います。ポイントは鼻歌でメロディーを歌えるくらい何十回も練習すること(厳しい!)だそうです。いよいよ今日の課題曲「THE NEARNESS OF YOU」を歌いますが、前回丁寧な解説を受けているので、すぐにカラオケに入ります。ジャズは必ずし...

≫詳細

愛泉寮の子どもたちと職員さんが羽生の森で遊ぶ

2021/05/05 [最新情報] 最新情報

5月5日は昨日に続いて昨日とは別の愛泉寮の子どもたち15名と職員9名が遊びに来られました。あいにくの雨模様で時々小雨がぱらつく不安定な天候でしたが子どもたちは全くお構いなしで元気に遊んでおりました。水風船でのひっかけ合いは上半身ずぶ濡れになり土砂降りの雨のなかで遊んでいるようなものです。またある子どもたちは伐採した枝が積みあがったところによじ登ったり、胴切りした太木の木渡りや、虫取り、バトミントン、キャッチボールなど、遊具のない森のなかですが自在に遊び回ってました。子どもたちにとって、いま居るこの場所こそが創造的な遊びのフィールドになってしまうのですから驚きです。今日も豊富な食材でバーベキューをいただきましたが、昨日に続いて「すくすく広場」の鈴木さんと浦部さんお二人さまによるお結びや鶏のから揚げ、さやえんどうの卵とじ、デザートにはゼリーを添えていただき豊かな食卓になりました。お別れの...

≫詳細

社会福祉法人愛の泉の児童養護施設「愛泉寮」の子どもたちが羽生の森に

2021/05/04 [最新情報] 最新情報

5月4日は社会福祉法人愛の泉の児童養護施設「愛泉寮」(加須市)の子どもたちが羽生の森に遊びに来てくれました。コロナ禍のステイホーム状態で沈んでいた(先生の弁)子どもたちの声が森に響き渡り、元気に駆けずり回る姿に先生たちも「やっぱり来てよかった!」と嬉しそうに話してくださいました。予約の時点で先生からはコロナ禍の状況次第では中止にするかもしれませんと伝えられていましたが、子どもたちの「行きたい!」という強い気持ちに応えて実施に至ったようです。昨年もご利用いただいてましたから子どもたちは「あそこで遊びたい」と先生たちに迫ったようです。就学時前の子どもから高校生まで含めて15人ほどが2台の車に分乗して10時頃に到着。到着してすぐに先生と高学年クラスの子どもたちでバーベキューの準備に入り、下の子たちは虫取りなどで森を駆けずり回って遊びます。「すくすく広場」の方々もボランティアとして食事を担当...

≫詳細

海老原智子夫妻の「うるま市(イチ)」

2021/05/02 [最新情報] 最新情報

5月2日は海老原智子夫妻の「うるま市(イチ)」が羽生の杜で開催されました。トモ姫さんは故郷沖縄をこよなく愛し羽生の杜の陶芸講座ではシーサーを制作したり沖縄の糸を使った郷土人形や島ぞうりの制作、自家製の沖縄そばやサータアンダギーを作って「うるまカフェ」で提供するなど羽生市内の数カ所で精力的に展開してます。定年を迎えたら故郷うるま市に帰り「カフェ」を開くことが夢とおっしゃってます。今回は羽生の杜での最初の試みでしたのでお客様は少数でしたが継続する方向で検討してます。またの機会をお楽しみにしてください。お客様が少なかった分、キジが森のなかを我が物顔で闊歩してました。つがいで住み着いてますが今回はオスの写真しか撮れてません。去年は森の中に卵を産んでましたが今年はまだ見つかってません。

≫詳細

5月 陶芸講座

2021/05/01 [最新情報] 最新情報

5月1日は「おいでよ!羽生の杜」陶芸講座でした。連休中のはざまになり欠席のレギュラー受講者さんもありましたが4名の参加でした。先月作成したツボを講師が焼いて持ってきてくださいましたが、まだ釉薬を塗る作業が残ってます。窯焼きの段階で破損し使用できない可能性もあるということで、今日も各自がもう一つツボを制作することになり、今回は手捻りに挑戦しました。仕上がった制作物の写真は撮ることができませんでしたが次回(6月5日)は焼きあがった作品2点に釉薬を塗る作業になります。仕上がりの作品が楽しみです。

≫詳細

医療生協の陶芸教室

2021/04/30 [最新情報] 最新情報

4月30日は医療生協の陶芸教室でした。明日(5月1日)も「おいでよ!羽生の杜」陶芸講座です。お待ちしてます。

≫詳細

羽生の杜(森)紹介動画

2021/04/30 [最新情報] 最新情報

「みんなの食堂」でボランティアとして応援していただいているトモ姫こと海老原智子さんが撮ってくださった動画です。ここでの映像は少し前のものが混在してますが、目下、森はかなり手を入れて環境整備中です。間もなく、もっと素敵な森として皆さんにお目見えすることになると思います。お楽しみに!https://www.facebook.com/100034554819255/videos/530286854799804

≫詳細

4月「みんなの食堂」

2021/04/25 [最新情報] 最新情報

4月25日は「みんなの食堂」でした。今日は晴天に恵まれたこともあり受付からお渡しまですべて野外で行いました。目下、森は整備中ですが新緑が太陽に映えて気持ちの良い空気に包まれてます。お弁当渡しが基本ですが少しでも子どもたちがここで遊び食卓を囲んでくれることを願っての初めての試みです。今日のメニューはナイジェリアン(鶏肉と野菜のチリトマト)、筍の煮物、デザートは果物です。高齢者の孤食の3人と親子30食とボランティアさん(7人)とボランティアスタッフ(4人)を合わせて50食を準備しました。高齢者の方にはボランティアさんがお届けしてます。森で遊ぶ子どもたちがいたり、ヒトミさんは奇麗なビーズを持ってきて子どもたちと一緒にネックレスつくり、林さんは定番の風船遊びなど、ボランティアの方々がいろいろな遊びの場を創ってくださいます。今日のタケノコはトモ姫と竜ケ崎教会の飯塚先生が送ってくださいました。お...

≫詳細

  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー