2月 俳句・連句講座

2019/02/21

2月21日は「おいでよ!羽生の杜」俳句・連句の講座でした。
1月は講師の都合で休講させていただいたので再開最初の講座で、レギュラーメンバーは満を持してお集まりになりました。
新受講生も一人加わりました。いつもと同じように森を30分ほど散策しながら句を練り、その後屋内での句会になります。今回も皆さんの力作を1句だけお披露目いたします。
 ひとり居るぬるき湯ぞよし春の宿  了斎
 啓蟄や黒く膨らむアスファルト   徹心
 やはらかに蕗でよ初採り鶯菜    敏枝
 水菜洗ふバケツに水をほとばしらせ 陽子
 ガラス越し光の春が遊んでる    励子
  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・

  • カロムの普及に努めています。
  •  
    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
   大震災被災者の方々自立支援を行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。

  • 生活・終活支援