「加須市での学び」

2019/09/27

9月27日は加須市民プラザで開催された埼玉県県民活動総合センター事業部主催の「子どもの居場所サポート養成講座」に参加しました。羽生の杜の活動に関連するこの手合いの会合にはできるだけ参加して学びや出会いのチャンスを得たいと努めてますが、今回もたくさんの収穫がありました。基調講演はNPO法人さいたまユースサポートネット代表理事の青砥恭さんの講演でした。学童保育に関わるなかから発展して若者が困難を抱えた若者たちの自立支援を立ち上げて共生の場をしっかり確立してきた経験を話されました。講演の次にには「すくすく広場」の戸恒和夫さんとフォードパントリー「こども食堂応援隊」の鈴木一男さんの事例発表がありました。講座の後、同じく加須市で子ども食堂の先輩格「つくしの家」を見学させていただきました。ここは地域に密着した活動を展開されていて代表者個人のお宅から始って今は近くのコミュニティセンターで月2回開催してます。3時から開放して学習支援をして5時半から食事になります。小学生から中学生までが集まっていて2年半にわたる実績の質を感じ取ることができました。


  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・

  • カロムの普及に努めています。
  •  
    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
   大震災被災者の方々自立支援を行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。

  • 生活・終活支援