10月 俳句・連句講座

2019/10/17

10月17日は「おいでよ!羽生の杜」俳句・連句講座でした。秋が深まる羽生の森を何時ものように30分ほど散策しながら吟行して屋内に戻ります。そこからまた30分くらいかけて各自6句作に集中。出来上がった句を清記用紙に名前を伏せて清書し、合計30句を講師中心で講評しながら評価します。今日の推薦句は以下の通りです。

おほぞらの黄を吸ひつくし柚子たわわ       徹心
一陣の風のつまづく秋簾             陽子
小枝踏む音して杜の秋深む             翠
旅人の我に道訊く菊日和             敏枝
弱き陽を貫く鵙の高音かな            了斎

昼食をはさんで午後は連句講座になります。連句作品を紹介するのは長くなる(講評が入るため)ので難しいのですが、講師の鈴木了斎さんは連句界の大御所で「猫蓑会」の副会長を長く務めております。ご興味のある方はぜひお越しください。次回は11月21日(木)です。

 
  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・

  • カロムの普及に努めています。
  •  
    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
   大震災被災者の方々自立支援を行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。

  • 生活・終活支援