10月 みんなの食堂

2019/10/23

10月23日はは「みんなの食堂」でした。今回は子ども12人、親御さん5名、高齢者2名、ボランティアとスタッフ11名で総勢30名という大所帯になりました。この時期は夕方5時を過ぎると暗くなるため雑木林での野遊びは難しく、屋内での遊びになります。遊びに興じる子も宿題を持ってきて勉強に集中する子も6時からの夕食ぎりぎりまで時間を費やします。勉強したい子も遊びたい子も彼らの自由です。ボランティアの役割も前もって決めていないので臨機応変に対応していただきますが適材適所に収まっているので嬉しい限りです。試行錯誤しながらの運営ですが少しづつ羽生の杜「みんなの食堂」の姿が出来上がりつつあると感じてます。今日の食材も都内在住のKさんのご協力によるところ大で感謝です。
  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・

  • カロムの普及に努めています。
  •  
    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
   大震災被災者の方々自立支援を行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。

  • 生活・終活支援