「こども食堂フォーラム」出展

2019/11/06

11月6日は大宮ソニックシティで埼玉県福祉部少子政策課主催の「こども食堂フォーラム」が開催され、羽生の杜は「加須・羽生子ども食堂連合」として加須の3食堂と連携してブースの出展をしました。埼玉県下には200を越える子ども食堂が運営されていてここ一年で急速にその数を伸ばしてます。このような活動が伸びる対極にますます深刻な社会の負の状況を受け止めないわけにいきません。羽生の杜「みんなの食堂」は今年の1月から開始してますが、開始前は言うまでもなく開始後も含めて数回にわたってこのようなフォーラムや学びの場を見学してきました。各所それぞれ規模や意図する狙いなど多様なだけに、まだまだ学び吸収することは沢山あり ます。私どものブースに訪れて下さった方々には、これから子ども食堂を始める準備をしておられる方と既に開始していて試行錯誤されている方とが半々くらいの比率でした。かく言う私にしても他のブースをまわりチラシをいただいたり話を聞かせていただいたり名刺を交換して後日お会いする約束をさせていただいたりと忙しく会場内を歩き回って多くの収穫を得ることができました。
  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・

  • カロムの普及に努めています。
  •  
    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
   大震災被災者の方々自立支援を行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。

  • 生活・終活支援