「おいでよ!羽生の森」冬休み企画:2日目

2019/12/27

12月27日は「おいでよ!羽生の森」冬休み企画2日目でした。2人の子どもが風邪をひいてキャンセルになりましたが13人の参加でした。午前中の勉強はそれぞれが宿題やドリルなどを持参してしっかり取り組みます。今日のお昼はボランティアさんの心のこもったサンドイッチとサラダにマッシュポテトのポタージュ・スープ、デザートはキウイフルーツのゼリーでした。午後はいよいよ野遊びのプロなかちゃんこと中山康夫さん登場です。今日はあいにく強い風のため野外での遊びを断念し屋内での遊びになりました。なかちゃんは屋外、屋内を問わずお遊びのバリエイションは無数に持ち合わせてます。参加している1年から6年生までの子どもたち全てが夢中になるゲームをチョイスしてくださいました。最初にティッシュペーパーを使っての笛を披露し、続いて子どもたちは3種の草笛に挑戦です。そしてなかちゃんハーモニカ演奏に合わせてのオリジナル童謡かるた取り大会。最後に円形ジグソーパズルで遊びました。今日も子どもたちは大満足。最後に都内からボランティアで飛び入り参加した丸山さんが大正琴を演奏してくださいました。
  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・

  • カロムの普及に努めています。
  •  
    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
   大震災被災者の方々自立支援を行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。

  • 生活・終活支援