加須市「子ども食堂応援隊」のお手伝い

2020/01/17

1月17日は加須市で開催している「子ども食堂応援隊」の手伝いに行ってきました。「羽生の杜」も3月から始めたいと思っていて勉強を兼ねたお手伝いで4度目の参加になります。子育てに必要な「食」を応援するフードパントリーの活動ですが加須市のこのフォードパントリーは昨年の1月から隔月で開催してます。当初のころは30世帯を応援してましたが回を重ねるごとに多くなり今日は100世帯の方々が集ってました。加須市、加須市教育委員会、加須市社会福祉協議会の後援と埼玉県・セカンド ハーベスト・ジャパンが協力して充実した体制で継続されてます。配布の食材のアイテムは数10種類にのぼりそれらの陳列などに5時開催の直前までスタッフやボランティアが準備に取り掛かってます。開始と同時に多くの親子が受付に並びますがその様子は写真でお見せすることは出来ません。今回の開催の数日前には加須市役所の職員がフード・ドライブで協力してくださりそのコーナーも設けられました。セカンドハーベスト・ジャパンさんの協力もさることながら地元の方々も食材提供に協力して盛り上げている様子が窺えます。8時まで開催してますが積み上げていた食材は見事に消化されていました。必要とする大勢の方々がいることを改めて痛感し、羽生での開催に向けて身が引き締まる思いで帰ってきました。

  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー