1月 「羽生・がん哲学外来カフェ」

2020/01/23

1月23日は「羽生・がん哲学外来カフェ」でした。緩和ケアについて羽生総合病院の緩和ケア看護士の三浦恵先生をゲストに主にがん患者に対する緩和ケアのあり方と現状について丁寧なお話をしていただきました。がん患者に限らず重篤な病にある方に対する緩和ケアの基本は患者さんのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を支えるシステム(ハード、ソフトの両面)が大事であるとのお話は頷けるものでした。終末医療との関連や延命治療との境界線などについてはもう少し突っ込んで話ができればよかったと思いますが時間切れになってしまい残念でした。6名の出席があり活発な質問や意見が交わされて有意義なカフェになりました。最後に165年続く「下総屋茶舗」5代目の金久保さんが準備してくださった美味しいお茶をいただき終了しました。
次回は2月27日(木)です。聖学院大学特任教授の坂本先生をお招きしてのカフェになります。
  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー