5月31日開催のプチ・パントリー用食材の調達

2020/05/15

5月15日は子ども食堂ネットワーク代表の「さいたま子ども食堂」(本間香さん)に食材を引き取りに行ってきました。31日開催のプチ・パントリー用の食材調達です。駐車場敷地内にブルーシートを敷いて冷凍トラックなどで次々に運び込まれる食材を積み上げていきます。県下の各エリアからそれぞれ車で引き取りに集まってきます。わがエリアは加須、久喜、行田、羽生エリアですが軽トラと乗用車の2台で行きましたが大量のため全部を積載できずやむなくかなりの分量を残置して帰ってきました。今回から羽生の杜が中間の集荷場になり、持ち帰った食材をエリア内7か所の子ども食堂に振り分ける作業があります。冷凍食品が多いので各子ども食堂は今日中に持ち帰って必要な家庭に配布することになります。羽生の杜には幸いご寄付頂いた冷凍庫があるため、31日まで保管できます。今日はロジスティック業者の仕事を少しばかり経験したような気分でした。これほどの大量の食材を提供いただいた沢山の業者さまに心から感謝するとともに、お渡しできるご家族の笑顔を想像して一日の仕事を終えることができました。
  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー