• ホーム
  • 最新情報
  • 「第1回羽生市子育て応援フードパントリー」の食材の受取り

「第1回羽生市子育て応援フードパントリー」の食材の受取り

2020/06/17

今日は20日(土)開催の「第1回・羽生市子育て応援フードパントリー」の食材をセカンドハーベスト・ジャパンさんの八潮・物流倉庫に受け取りに行ってきました。セカンドハーベスト・ジャパンは認定NPO法人で2000年よりフードバンク・炊き出し・パントリーなどの活動を先駆的にやってこられた団体です。「すべての人に、食べ物を『もったいない』食品を、『ありがとう』の食品に」をスローガンに掲げて活動してます。写真のように大きな物流倉庫を持ち膨大な食材をストックしてます。白い扉の写真は冷凍庫です。県内のパントリーの多くはこの倉庫に集められた食材を分けていただき各パントリーに持ち帰って活動を展開してます。私どももキャラバンクラスのワンボックスカーに満載して搬送しました。まだまだたくさんの準備が必要ですが万全を期して20日を迎えたいと思ってます。
  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー