「第1回羽生子育て応援フードパントリー」の前日準備

2020/06/19

6月19日、明日のパントリー開催に向けて食材の仕分け作業をボランティア(10人)の方々と行いました。作業中に地元の羽生ふじ高等学園農業技術科学生たちが実習で育てたジャガイモと玉ねぎをお二人の教師が届けてくださいました。また、加須在住の農家の方も数種の野菜を持ち込んでくださいました。神奈川県厚木市在住の方がパントリーのために畑を借りて植えてくださったジャガイモも届きました。そして、熊谷在住の方からもジャガイモが届きました。たくさんの応援のもと、おかげで明日の「第一回羽生子育て応援フードパントリー」は充実した内容と分量で開催することができます。申し込みのあった世帯分の段ボール箱を用意して食材を詰めた写真ですが、明日の午後からも冷凍食材やレトルト食品などを追加します。たくさんの方々の寄付やボランティアさんの協力で明日のパントリーを迎えることができそうです。感謝です。

  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー