「越谷子育て応援フードパントリーせんげん台」の見学

2020/07/06

7月6日は午後から越谷市千間台西で開催されている「越谷子育て応援フードパントリーせんげん台」を見学してきました。久喜市で「みんなの家」子ども食堂をやっておられる町田さんがパントリーを始めるにあたり勉強したいというリクエストに応えてご一緒に見学させていただいてきました。県内で最初にパントリーを手掛けた老舗になりますが代表の草場澄江さんは「埼玉フードパントリーネットワーク」の代表も兼ねられ重責を担っておられる方です。150世帯に食材をお配りするため一週間まえから準備されるそうです。配布場所も専用で地元の篤志家から提供されており、大きな冷凍庫も2台備えられておりました。しっかりしたボランティアの体制で手際よく手渡され、さすが一日の長を実感し勉強させられました。今後もできるだけ他のパントリーを見学し学ぶ機会を作っていきたいと思ってますが有意義な時間を共有できました。ありがとうございました。
  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー