「おいでよ!羽生の森」夏休み企画 2日目

2020/08/23

8月23日は「おいでよ!羽生の森」二日目でした。子ども9人、ボランティア13人、スタッフ2人の総勢24名。午後から雨模様との予報だったので午前中に外遊びを集中し、人気のザリガニ釣り、雑木林でのハンモックや吊り縄、昨日に続き一段と盛り上がった水鉄砲かけです。ターゲットにされて逃げ回るおじさんボランティアさんは体力戦になります。高校生のボランティアはさすがにタフで逃げ足が速く子どもたちの最高の標的にされてました。午前の最後はスイカ割です。一発で的中した子は一人だけでなかなか難しそうでした。昼食は野菜たっぷりのカレーとサラダでデザートはスイカ、どれも美味しくいただきました。今日は「みんなの食堂」の日でもあり、テイクアウトで2家族分も作りました。午後は思い思いに外と室内で遊び、最後におやつ(ゼリー)をいただいて終了しました。二日続けての参加は3人でしたが子どもたちは遊びのなかで直ぐに友達になります。明日から学校が始まり、子どもたちにとっては短い夏休みでしたが、思い出に残る日になったのではとひそかに自負して一緒に楽しい時を刻むことができました。ボランティアのみなさま、お疲れさまでした。
  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー