羽生市議会にて斎藤万紀子さんの一般質問を傍聴

2020/09/11

現在、羽生市議会が開催中ですが、斎藤万紀子さんの一般質問を傍聴したく出かけてきました。質問は2件ですが最初に「新型インフルエンザ等発生における行動計画」に基づく検証について、次に「子育て支援について」の質問で立ちました。「子育て支援について」は①フードドライブの動向と今後の対応、②貧困家庭に対する進学支援について③妊産婦の出産に伴う支援体制について行政の対応を質す内容です。私は、議会における一般質問は基本的に質問者の意図(趣旨)説明がその議員の政治姿勢と一致すると考えてますので、傍聴行為はそのことに対する市民の側からのチェックと応援が主な目的ではないかと思ってます。従って行政サイドの答えに対しては過度な期待をしてません。「羽生の杜」を支え、ボランティアとしても関わり続けていただいている斎藤万紀子さんの質問はよく準備された内容でした。残念ながら担当の行政サイドのお応えは十分であったとは思えませんでした。「子ども食堂」や「フードパントリー」の活動が俎上に乗ることで継続的に議論され市民への啓蒙につながることを期待したいと思います。
  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー