第14回「羽生・がん哲学外来カフェ」

2020/10/22

10月22日は第14回「羽生・がん哲学外来カフェ」でした。主に高齢のお一人様を多岐にわたって支援する事業をしてこられた一般社団法人「フェリーチェ結う」の代表杉浦秀子さんにお話をいただきました。あるがん患者の終末期に寄り添うなかで知り合った杉浦さんとは10年近いお付き合いをしており、羽生にもたびたび訪ねてくださってました。多くの「お一人様」との出会いの中で得てきた豊富な経験を踏まえて「終活の課題について」お話しいただきました。写真のチェックシートを参加者それぞれが記入し、その傾向を分析しながら話されるというもので、なかなか興味深くもあり重い話でもありました。「独居」の方々の抱える問題は決して珍しいことではなく身近な多くの社会的課題を含んでいることを思い知らされた時間になりました。次回も第4木曜日(11月26日)になります。どなたでも気軽にご参加ください。
  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー