フードパントリー活動への地元のご支援

2021/03/15

地元のご支援が嬉しい!
3月15日・午後、加須市にある㈱フジッコ様(関東工場)にフジッコのお豆さん(黒豆)をいただきに伺いました。近隣のフードパントリー活動をしている皆さんが集まり各団体対応の人数に応じた分量をいただきました。フジッコ様には数度にわたってご支援をいただいてますが、このように地元の企業様がご支援くださる機会が増えてきてます。㈱一流様(打ち合わせの写真)もその一つで毎回のパントリーには各家庭に一個のキャベツを配布できるようにご支援いただいてます。プラントシステムでレタスを作っておられる㈱ベジノーバ様も毎回瑞々しいレタスを中心とした葉物野菜をご提供くださいます。さらにイオンアグリ創造㈱さまからはトマトを、地元かねか苑様からは毎回レトルト食品など、メルヘン様からはお菓子類などを大量にいただきます。これらの企業さま以外にも野菜やお米などを地元農家さんや地元高校からもお運びいただきます。今年に入ってからは羽生市報にもフードドライブへの呼びかけが掲載され実施されるようになりました。こうして市民の関心が広まり「共助」の芽が育ちつつあることを実感できます。そして感謝してます。「みんなの食堂」も「フードパントリー」もまだまだ必要とされている方々に行きわたっているとは言えませんし、実施回数も頻度を上げていかなければならないと思ってます。そしてこうした志を持つ団体さんが増えていって欲しいと思ってます。これからもしっかり継続して行きたいと思ってます。どうぞ、ご関心をもっていただければ幸いです。


  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー