3月 数独講座

2021/03/27

3月27日は「おいでよ!羽生の杜」数独講座でした。講師の都合で通常の定例日より一週間遅いイレギュラーの開催になり、お二人の出席で少し寂しい講座になりましたが、中身は濃密なものです。じっくり数独の難題に取り組んでました。以前は博学な講師ならではのいろいろなテーマをを取り上げてミニ講座を最初の30分間話してくれてましたが最近は数独に特化して集中的に取り組んでます。講師の後藤さんは一般社団法人日本数独協会の代表理事を務めてますが、ここに連なるメンバーは世界レベルの高水準の方も多数おります。この講座の最初からのメンバーはそこで扱う問題にも挑戦しております。実は高いレベルの問題だけではなく高齢者の脳トレとして提供している『じいじ ばあばのやさしい数独』などもあるのです。知的好奇心を満たしてくれる「数独講座」にぜひお出かけください。次回は通常通り4月17日になります。
これまで使用していたホワイトボードが少しぐらついていたため、講師が新しいボードを寄贈してくださいました。感謝。
  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー