第6回「羽生子育て応援フードパントリー」

2021/04/17

4月17日は第6回「羽生子育て応援フードパントリー」でした。雨模様でしたが開催時間中(16:00~19:00)は幸いにも雨も上がり無事に終えることができました。雨を避けて受け取りにいらっしゃる方々が多くいて玄関前に行列ができる状態になり、このような経験は初めてのことでした。68世帯に配布しますが都合で取りに来れない方もおられ明日以降、その方々と連絡を取り合って必ずお渡しするようにします。もともと取りに来れない事情の4世帯には追って個別にお届けします。たくさんの企業様や個人から寄せられた貴重な品々ですから確実に必要とする方々にお渡しすることが私どもに課せられた責任です。今日もほぼレギュラーのボランティアさんとボランティアスタッフ(12人)が朝からと昼からで仕分け作業に関わってくださり、開催時間前には全て整えて皆さんをお迎えすることができました。
昨日のフェースブックにアップしましたが今回も大量の品々をご寄贈いただきみなさまにお渡しすることができました。お米だけでも360キロをいただいてましたので、2キロごとに袋詰めして家族の人数によって袋数を割り振りします。今回は羽生市が隔月で各地区の公民館でフードドライブを実施していただき市民からお寄せいただいた品も数多くありました。地域の方々に関心を持っていただき協力していただけることは共助社会実現の一歩として大切なことです。私どもはその中間の橋渡しの活動をしているに過ぎないのですが「ありがとうございました。こんなに沢山いただけて本当に嬉しいです」と言っていただけることに、私どもも元気をもらってまた前に進める勇気をいただきます。

  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー