俳句・連句講座「さきたま古墳公園」吟行の句会記録

2021/05/11

4月15日の「さきたま古墳公園」吟行のことは先月の俳句・連句講座報告として済んでましたが、句会は後日メールなどでやり取りして通信句会記録として仕上がってきます。今回の出句者はこれまでで最大の10名になり、一人7句ずつ出句しますから合計70句、句会記録もA4/12ページで大分なものになります。早速、代表句を下記に紹介いたします。どうぞみなさんの傑作をじっくり味わってください。
 夏めくや手庇に見る鳥の影          あき子
 やがて空塗りかへられて春の果         純子
 いにしへの覇権はおぼろ古墳群         敏枝
 たはむれの器用不器用草の笛          陽子
 忍城と指さす先の霞かな           千恵子
 樟若葉艶めく影の道を行く           徹心
 吸ふ息が少し重たや夏近し            肇
 初虹をくぐるパンダの引越屋          香織
 天仰ぐ鷲や新樹のてつぺんに          高夫
 人住めば墳と厠と春の夢            了斎

  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー