6月 羽生の杜子育て応援フードパントリー

2024/06/15

15日は羽生フードパントリー偶数月担当の羽生の杜子育て応援フードパントリーでした。
通常は前日に仕分け作業をしておりますがお渡しする食材の関係で今回は午前11時からボランティアさんに集まっていただき準備を始めました。それでもとりあえずは12時過ぎには終えて一緒に昼食ができました。
ご支援いただいていた5種類ほどの冷凍品は大型の冷凍庫に保管してましたので、それらを家族数に応じて小分けしてビニール袋に詰め変えなければなりません。さらに利用者にお渡しするまで冷凍状態を保っておくためにはもう一度大きな保冷バックに収めて手渡ししやすいようにしておく必要があります。
冷凍食材の場合は何時ものことですがかなり手間のかかる作業になるのです。利用者さんには「今回は冷凍食材がたくさんあるので保冷バックと保冷剤を用意して来てください」と前もって通知しておきます。と言っておいても忘れる方もおられるのですが。
それと、仕事などの関係で取りに来ることができない方々は翌日や翌々日になる方が5~6家族はおられます。何時もの場合なら玄関ドアを開けたところに名前を書いてあるので持って行ってくださいと言えるのですが(実際にはほぼ対面でお渡しするようにしてますが)、冷凍品がある場合はそうはいきません。冷凍庫から出して渡さなければなりませんので、その方々の都合に合わせて必ず待機する必要があります。
今日は忘れている方も多くおられて午後3時に終われるところ4時半過ぎまでかかりました。その後、事情で取りに来れない家族に届けるのですが全部で9件(車2台で)にお届けします。私の方はすべて終わったのが7時前でした。
ボランティアのみなさん、お疲れさまでした。
忙しくてほとんど写真も撮れませんでした。
今日も多くのご支援のお陰でいろいろな食材を配布することができました。心より感謝申し上げます。
㈱CTIフロンティア様、㈱市流さま、イオンアグリ創造㈱様、羽生市社協様、セカンドハーベスト・ジャパン様、NPO埼玉フードパントリーネットワーク様、㈱湖池屋様、埼玉県フードバンク様
ありがとうございました。
  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。
  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます。
  • カロムの普及に努めています。
  •  
  • ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  • 大震災被災者の方々自立支援を
  • 行っています。
  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
  • 生活・終活支援
  • 古民家コミュニティー