最新情報

「おけがわ子ども食堂輪空(リンク)」の誕生

2021/04/18 [最新情報] 最新情報

4月18日は桶川市で3カ所目の子ども食堂「おけがわ子ども食堂輪空(リンク)」が誕生しました。アドバイザーとして関わった経緯からプレ・オープンの記念すべき日に応援と見学を兼ねてすくすく広場の戸恒さんと出かけてきました。開催場所は「川田谷農業センター」で、テーブルを囲むことが困難な状況からお弁当の手渡しで実施されておられました。総勢15人ほどのボランティアスタッフの方々が朝9時から準備をされていて、10:00前頃に到着した私どもも参加させていただきプレ・ミーティング。呼びかけのチラシのコピーから、始められた皆さんの思いが伝わってきましたので以下に紹介したいと思います。「桶川の子どもたちが、笑顔で楽しく『食』と『農』を通して地域を超えて繋がり、『リンク』していって欲しいという願いと、川田谷にオープン予定の『道の駅』事業を応援するとともに、川田谷の地域で収穫した新鮮な野菜を子どもたちに味わっ...

≫詳細

第6回「羽生子育て応援フードパントリー」

2021/04/17 [最新情報] 最新情報

4月17日は第6回「羽生子育て応援フードパントリー」でした。雨模様でしたが開催時間中(16:00~19:00)は幸いにも雨も上がり無事に終えることができました。雨を避けて受け取りにいらっしゃる方々が多くいて玄関前に行列ができる状態になり、このような経験は初めてのことでした。68世帯に配布しますが都合で取りに来れない方もおられ明日以降、その方々と連絡を取り合って必ずお渡しするようにします。もともと取りに来れない事情の4世帯には追って個別にお届けします。たくさんの企業様や個人から寄せられた貴重な品々ですから確実に必要とする方々にお渡しすることが私どもに課せられた責任です。今日もほぼレギュラーのボランティアさんとボランティアスタッフ(12人)が朝からと昼からで仕分け作業に関わってくださり、開催時間前には全て整えて皆さんをお迎えすることができました。昨日のフェースブックにアップしましたが今回...

≫詳細

第6回「羽生子育て応援フードパントリー」へのご協力と準備

2021/04/17 [最新情報] 最新情報

4月17日は第6回「羽生子育て応援フードパントリー」開催日です。開催日が近くなると本当にありがたいことに多くの食材等が届いて保管場所が山積み状態になり立錐の余地がなくなります。鮮度を保つため野菜などは前日か当日に届けられるか引き取りに伺わせていただきます。今日は11時に加須市の㈱市流様にキャベツをいただきに参りました。スタッフの方々が倉庫前に5個入りの20セットを準備してくださっていてオンボロ軽トラに積んで皆さんとパチリ!一家族に1個をお渡しできます。その足で久喜の「きっちんこすもす」さんでお預かりいただいているイオンアグリ創造㈱さまのトマトの引き取りです。キャベツとトマトは埼北エリアの各パントリーやプチパントリーの開催に合わせて希望するパントリーに毎回いただいており感謝です。羽生まで戻り夕方には兼業農家を営んでいる関谷武美様が新鮮な野菜を小分けにして毎回お届けくださいます。今日はほ...

≫詳細

4月 俳句・連句講座

2021/04/15 [最新情報] 最新情報

4月15日は「おいでよ!羽生の杜」俳句・連句講座でした。今日の俳句講座は久々に足を延ばして行田市の「さきたま古墳公園」へ出かけてきました。今回の企画に合わせて考古学に造詣の深い宇田川さん(鈴木さんが講師をされている朝日カルチャーの俳句講座に出席されている方)が特別に参加してくださり、古墳について多くの蘊蓄を傾けていただき楽しい吟行になりました。午前の時間をフルに利用して広い古墳公園を散策してきました。いつもそうなのですが、羽生の杜から出かける場合は作句だけで句会は行いません。当日句の出句を含む通信句会を後日メール上で行うことになります。吟行後は近くの食事処で昼食を取り杜に帰ってきて午後の連句講座になります。今日も新しい方がお二人参加されましたがこのところのこの講座は人数が少しずつ増えており嬉しい限りです。次回は5月20日になります。今日の作句は追って後ほど紹介させていただきます。

≫詳細

4月 吹奏楽講座

2021/04/10 [最新情報] 最新情報

4月10日は「おいでよ!羽生の杜」吹奏楽講座でした。講師を交えて良く吹ける方々はブルースの演奏。初心のお二人(クラリネットとサックス)は長谷川さんが個人レッスンで集中してくださいました。次回は5月8日になります。

≫詳細

第一生命保険㈱熊谷支店新加須営業オフィス様よりフードドライブ食材の寄贈

2021/04/09 [最新情報] 最新情報

4月9日は第一生命保険㈱熊谷支店新加須営業オフィスさまよりオフィス社内で実施したフードドライブに寄せられた食材をご寄贈いただきました。昨年8月に次いで2度目になりますが、オフィスで継続的に実施されていることに敬意を表するとともに心からの感謝を申し上げます。フードドライブはまだ一般に浸透している活動とは言えませんが、一企業の一オフィスでこうしたことを実施されるということはとても稀有なことです。フードパントリーも「地産地消」で賄えることができれば素晴らしいことですし、ムーブメントとして広がっていくことが理想形と思います。新加須オフィスの皆さま、ありがとうございました。

≫詳細

子ども食堂・パントリーの埼北エリア連絡会開催

2021/04/07 [最新情報] 最新情報

4月7日午後は埼北エリア連絡会を羽生の杜にて開催しました(20名の参加)。この会は近隣地区で子ども食堂やパントリー活動をしている団体の緩やかな連合体の会合です。新規に立ち上がる子ども食堂やパントリーが増えてきて昨年秋以降に始めたこの連絡会も今やその数は倍近くになってきてます。県という単位のネットワーク(子ども食堂、パントリー)には大変重要な役割(県行政や企業様とのパイプ、助成金の情報など)を担っていただいてますが、地域単位の連合体はもっと身近な具体的な課題や運用上の問題解決など固有の課題を共有する話し合いがもたれます。そのため毎回、一団体から自己紹介より少し長めの時間を取って活動立ち上げの経緯や思いなどを話ししていただきます。子ども食堂やフードパントリー活動が県内の隅々まで行きわたり、必要とする方々へのより充実したセーフティーネットを敷くうえでこうした地域単位の連合体の繋がりはこれか...

≫詳細

アルファクラブ武蔵野㈱さがみ典礼さいたま支社へ支援物品の引き取り

2021/04/07 [最新情報] 最新情報

4月7日はアルファクラブ武蔵野㈱さがみ典礼さいたま支社へ支援物品の引き取りに伺いました。倉庫に保管されていた品はSARAYA様からの手指消毒用アルコールジュレとむすびえ様からの大きめの紙コップです。紙コップは大きな段ボールに130個、一箱に1,000個入りですから13万個になります。アルコールジュレも1万本で、子ども食堂ネットワーク参加の各団体に配られました。羽生の杜は子ども食堂ネットワークの物流の中間拠点を担っており、いただいた品々は埼北エリアの各子ども食堂10数か所に案分してお配りします。わがポンコツ軽トラもこんな時には大いに役立つもので荷台に満載に詰め込んでそろりそろりと東北道を走りながら無事到着です。この日は午後からの埼北エリア連絡会と重なったおかげで、大半を持ち帰っていただけました。また、この日には埼玉パントリーネットワークを通してキューピーみらいたまご財団様からご寄贈いた...

≫詳細

中森農産㈱様から大量のサツマイモの寄贈

2021/04/05 [最新情報] 最新情報

4月5日は中森農産㈱様から大量(約1㌧)のサツマイモ(紅はるか)をご寄贈いただきました。私どもの軽トラと中森農産様のトラックで羽生の杜に50個のパレットを搬入しました。このお芋は埼北エリアの各子ども食堂やパントリーに配布させていただきます。中森社長は学生時代から日本の農業の未来を展望しながら様々な活動をするなか、25歳で加須市に移住し27歳で農業法人を起業した方です。現在150haの農地に米を中心に麦、大豆、サツマイモなどを生産をしております。2年ほど前にすくすく広場の戸恒さんに紹介いただき、以来たびたびお米などのご寄付をいただいてきました。写真のお二方は社員の方で女性は今日が5日目出社の新卒社員(石川県立農業大学出身)のMさんですが、10人ほどの社員は皆さん若い方々が中心の会社です。中森社長の向かう先には農業の工業化とは別なもう一つの農業の在り方を志向されているように私には思えます...

≫詳細

羽生の森の環境整備と春の花々

2021/04/03 [最新情報] 最新情報

羽生の森は目下、環境整備に取り組んでます。危険な大木を胴切したり、倒した木を細切れにして土に返す作業など広い土地だけに作業量も相当の時間を要します。もう少し整備されたら全体の景色を写真でアップしますので楽しみにしてお待ちください。春を感じさせる花々が咲き誇ってます。桜の木はまだか細いですがしっかり花びらをつけてくれてます。念のため大木の桜は我が家の裏庭に咲いている満開の桜と言いたいところですが、正しくは我が家の裏の公園に咲く桜です。

≫詳細

  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー