最新情報

NPO羽生子育てサポートキャロットとNPO羽生の杜の合同ミーティング

2021/02/21 [最新情報] 最新情報

21日(日)はNPO羽生子育てサポートキャロットとNPO羽生の杜の合同ミーティングを開催しました。羽生市には約400世帯のひとり親家庭がおります。2021年1月より私どものはその1/4(100世帯)に対し、子育て支援として食料品などの無料配布(フードパントリー)を行っております。昨年まで羽生の杜単独の活動でしたが、キャロットが参入することで配布数を増やせたことは言うまでもなく、2法人が足りない部分を互いに補い合い、行政との連携をより強固にすることも可能になりました。斎藤万紀子市議の議会での問題提起もあり、行政の後押しで市民参加のフードドライブも継続的に行われていくと聞いてます。歓迎すべき有益な施策だと思います。経済的にお困りの家庭に対するセフティーネットは本来行政の責任で行われるものと思ってるのですが残念なことに現実はそのようになっていません。私どもの出番が一日も早くなくなることを願...

≫詳細

第5回「羽生子育て応援フードパントリー」

2021/02/20 [最新情報] 最新情報

2月20日は第5回「羽生子育て応援フードパントリー」でした。今回もたくさんの寄贈品に支えられ相当量の食材などをお渡しすることができました。セカンドハーベスト・ジャパンさまや埼玉フードパントリーネットワーク、さいたま子ども食堂ネットワークの協力は定番になってますが、それに加えて地元の企業さまや兼業農家さま、野菜小売店さまなどからの寄贈品が山積みにストックされました。今回特筆すべきこととしては行政の後押しで行われたフードドライブ(食べきれなかったり余剰の食品を集める活動)からの寄贈品がたくさん寄せられたことです。市としては継続的に市民に呼び掛けてフードドライブを実施していく方向と伺っており大変嬉しい限りです。午後1時に12人のボランティアさんと3名のスタッフで膨大な物量の荷を開封し3時間がかりで70世帯の家族数に合わせて仕分け作業をしてゆきます。複数回にわたって関わっていただいているボラ...

≫詳細

2月 陶芸講座

2021/02/20 [最新情報] 最新情報

2月20日の午後は「おいでよ!羽生の杜」陶芸講座でした。3カ月ぶりでしたので前回創作した作品を講師が窯で焼きあげ完成品を持ってきてくださいました。ご自分の作品を手にして納得の人、う~ん!これだったかな?とうなずきながら手に取る人、いろいろです。天候に恵まれ野外での作業も心地よい土との触れ合い日和だったのではないでしょうか。次回は3月6日(土)になります。お待ちしてます。

≫詳細

2月 数独講座

2021/02/20 [最新情報] 最新情報

2月20日は「おいでよ!羽生の杜」数独講座でした。3カ月ぶりの再開でしたが残念ながらコロナ禍で欠席の方などもおられ、常連のお二人だけの受講になりました。ボードの画面を大きめに撮りましたので、興味のある方は挑戦してみてください。中級クラスの問題です。講師の後藤好文さんは一般社団法人日本数独協会の代表理事を務めている方ですが、地方にも積極的に出かけて講座などを精力的にこなしておられます。数独談義や講座など講師としてお招きしたいう希望があればおつなぎすることは可能ですので是非お申し出ください。協会のホームページもアップしておきました。関心がおありの方はアクセスしてみてください。数独ファンにとっては面白情報が満載です。

≫詳細

『埼東よみうり』に1月のみんなの食堂が掲載

2021/02/20 [最新情報] 最新情報

『埼東よみうり』が1月のみんなの食堂を取材され、2月19日付けの一面に掲載されました。近隣の9市に配布しているローカルメディアですが、さっそくそれをご覧になった地元の方が訪ねてくださり、何かお手伝いをしたいとの申し出を受けました。また、羽生市の広報『Hanyu』2月号のマンスリーニュース欄で12月のパントリーで野菜を提供くださった羽生ふじ高等学園の写真が掲載されました。地元メディアがこのように「みんなの食堂」や「フードパントリー」の活動をとりあげていただくことで、市民への呼びかけに繋がり、関心を持っていただける機会になるのは嬉しい限りです。実際、いろいろなところからのお声がけや励まし、寄付などが寄せられており活動の活力になります。ありがとうございます。

≫詳細

2月 俳句・連句講座

2021/02/18 [最新情報] 最新情報

2月18日は「おいでよ!羽生の杜」俳句・連句講座でした。2か月休講し、皆さんにとっては待ちわびていた再開と言うこともあり午前10時開講の15分前には全員揃いました。参加者は地元の方だけではなく近隣の舘林市、宇都宮市や都内など遠方からも集まって来られます。さっそくしっかり身支度をして寒い森へ30分間ほどの吟行です。この講座は午前の俳句と午後の連句を通しで受けられる方が多く大体定時をオーバーすることが多いのですが、今日は午後5時に近い時間まで取り組んでおられ、皆さんの熱意に脱帽です。本当は午後3時が終了なのです。昼食はいつもお一方が皆さんの分まで手作りの料理を準備してくださりみんなでご相伴にあずかりますが、このひと時は楽しいよもやま話に花が咲きます。写真は俳句講座と昼食時のものです。以下に今日の代表句を紹介します。 やはらかき春の日返す盛り土かな           陽子 道祖神の眉間の...

≫詳細

加須市・光明寺での子ども食堂を立ち上げミーティング

2021/01/30 [最新情報] 最新情報

1月30日は午後から加須市にある光明寺でのミーティングでした。副住職の片山俊亮さんご夫妻ができるだけ早い時期に子ども食堂を立ち上げたいということで、加須市内の一般社団法人すくすく広場の方々とご一緒に見学をかねた準備会に出向きました。広い境内の庭は行き届いた手入れがなされ如何にも古い立派なお堂は歴史を感じさせるものがありましまた。片山ご夫妻はコロナ禍のなかで、何か誰かのお役に立てることはないか、そして自分自身のためにも 何かをしたいと思いながら子ども食堂立ち上げにたどり着いたと話されました。羽生の杜の「みんなの食堂」やパントリーにもボランティアとして、またすくすく広場の「すくすくサロン」に参加して下準備をして来られました。人口11万弱の加須市にはもっともっと新しい子ども食堂が立ちあがって欲しいわけですが、3番目の子ども食堂の誕生は嬉しい限りです。加須市内では近々もう一ヶ所新規の子ども食堂...

≫詳細

1月 羽生・みんなの食堂

2021/01/24 [最新情報] 最新情報

1月24日は定例の「羽生・みんなの食堂」でした。残念なことに、あいにくの冷たい雨で子どもたちの森での外遊びは叶いませんでした。5人ほどの子どもたちは屋内で遊びお昼の食卓を囲みましたが、大半は玄関先でのお弁当の手渡しになりました。48食(申し込み分)+17食(予備とボランティアさん)で65食を作りました。ここのところ3回続けた丼ぶりまつりの230食を考えるとずいぶん少なく感じてしまいますが、通常の「みんなの食堂」のペースに戻ったということになります。本音のところ、丼ぶりまつりの食数まで届かないまでも、もっと多くの方々に利用していただきたいところですしそのための仕掛けをもっともっと工夫しなければならないと考えてます。まだまだ必要とされる方々はたくさんいてその方々には届いてませんので・・・。今回は『埼東よみうり」の記者さんが取材に来られ、始まる前に当法人の紹介とパントリーやみんなの食堂につ...

≫詳細

第1回「羽生子育て応援フードパントリー・キャロット」開催

2021/01/17 [最新情報] 最新情報

1月17日は第一回「羽生子育て応援フードパントリー・キャロット」が開催されました。NPO法人「羽生子育てサポートキャロット」さんの主催ですが会場は「羽生の杜」で行われてます。キャロットは奇数月の第3日曜日、羽生の杜は偶数月第3土曜日で2法人合わせて100世帯への配布になり、羽生市における約400世帯のひとり親家庭1/4をカバーすることになります。行政の協力を得て両法人がフードパントリーという共通の目的のために実現できた喜ばしい活動成果と言えます。キャロットは学習支援を、羽生の杜は「みんなの食堂」をと、それぞれ固有の活動を続けながらもフードパントリーではコラボするという一つのモデルケースです。結果、相互の個別活動も相乗効果で活性化するチャンスが広がったように思います。コロナ禍で厳しい状況におかれているひとり親家庭へのほんの一歩に過ぎない支援活動ですが、喜んで受け取ってくださる親子の笑顔...

≫詳細

1月の「みんなの食堂」は予定通り実施

2021/01/14 [最新情報] 最新情報

明けましておめでとうございます。たくさんのイベントが中止や延期になってますが「みんなの食堂」は予定通り実施いたします。密を避けてお弁当の手渡しを基本と考えてますが、子どもたちが広い森で遊ぶのは大丈夫です。是非、ご家族でお出かけください。またお一人様や高齢者や外国人家族の方々、どなたでも歓迎です。準備の都合上、金曜日までにお申し込みください。申し込みは田村の携帯にお願いします。携帯の番号は090-3348-2149です。待ってますよ!

≫詳細

  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー