『羽生の杜通信』15号

2024/06/20

『羽生の杜通信』15号(A4/8p)ができました。年に6月、11月の2回発行をしております。印刷仕上がりは6月末になりますのでご興味の方はお申し出ください。郵送させていただきます。
予定立ち上げが少し遅くなっている「コミュニティフリッジ」について少し具体的に書きました。そして毎回2~3pはゲストライターにお願いしておりますが今回は認定NPO法人難民支援協会(JAR)の定住支援部チームリーダーの鶴木由美子さんにお願いしました。現下の日本の難民受け入れ状況についての課題や問題についてお書きいただきましたので是非読んでいただければ嬉しいです。
年/2回だけですが定期的に「通信」を発行するのも結構大変なことですが、私的には大事な業務と考えて継続してます。SNSなどのツールが当たり前に利用できる環境なのですが紙ベースにもこだわっております。ご支援いただいている方々の年齢層もあるかと思いますが私自身が紙が好きなのです。
お読みいただけると幸いです。
  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。
  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます。
  • カロムの普及に努めています。
  •  
  • ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  • 大震災被災者の方々自立支援を
  • 行っています。
  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
  • 生活・終活支援
  • 古民家コミュニティー