7月 羽生・がん哲学外来カフェ

2019/07/25

7月25日は第4回「羽生・がん哲学外来カフェ」でした。終末期(エンディング)における安心はどのように享受できるのかは人それぞれによって違ってきます。各自が置かれている状況や生きてきたなかから得た価値観などによっても違って当然です。今日のカフェは自己紹介より少し踏み込んで参加者一人一人が語り、感想や意見を交わし合うことができました。難しい話題ですが、心をひらいて話し合うことができたのは「もしバナ」カードを使ってのゲームから入ったお陰です。初めて耳にする方が多いと思いますが、優れたコンテンツですので興味がある方はインターネットで検索してみて下さい。

  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・

  • カロムの普及に努めています。
  •  
    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
   大震災被災者の方々自立支援を行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。

  • 生活・終活支援