「こども応援ネットワーク埼玉 ファンミーティング」参加

2019/09/06

9月6日は埼玉県子ども食堂ネットワーク代表の本間香さんが主宰している「さいたま子ども食堂」にムーミンのカレー皿50枚とココアパウダーを受け取りに伺いました。本間さんは県下100箇所余の子ども食堂を束ねる代表をされておられ、情報や物資を流通するセンターになってます。カレー皿のオファーがあり、いただけることが決まり受け取りに行った次第です。その後、埼玉県福祉部主催の「こども応援ネットワーク埼玉 ファンミーティング」に参加しました。基調報告は埼玉県福祉部企画幹の内田さんが「埼玉県の子どもの居場所づくりの最新情報」を話されました。誰もが子ども支援に参加できる世の中にするには、福祉の専門家が手掛ける従来のあり方から誰もが自由に取り組めるように子ども支援のハードルを下げることが大事なこと、さらに子ども食堂には生活困窮者に限定する「ケア型」より誰もが参加できる「共生型」へシフトすることで多様性が担保されていくとの指摘があり、印象に残りました。また、多くのNPOの取り組み事例が 披露され沢山のことを学び収穫を得ることができました。有意義な1日になりました。
  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・

  • カロムの普及に努めています。
  •  
    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
   大震災被災者の方々自立支援を行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。

  • 生活・終活支援