2020.1月 数独講座

2020/01/18

1月18日は「おいでよ!羽生の杜」数独講座でした。講師の都合で11月は休講したため2か月振りの開催だったせいか、お忘れになられた方がいらしたのではないかと思いますが出席者は3名でした。数独に関係のないミニ講座は「植物の知性をを考える」と題して「花は誰のために咲く?」、「ど根性松はどうやって育つ?」、「蜜が好きって誰が教えた?」、「動物と植物の違い?」「植物はどこで考える?」、「地球は植物の星?」について話されました。内容はここで紹介できませんが「地球のバイオマスの99.7%が植物であり地球は植物が支配している生態系」との結論です。

さて数独ですが年初ということもあり昨年開催した「第2回数独技能認定試験」の問題(4級~6級)を解くことで各自のレベルを見極めて今年の講座に生かしていきたいということでした。各々の解く力に差があって教えるにも相当の工夫が必要のようです。次回は2月15日(土)10:30からです。

  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー