羽生の杜「プチ・パントリー」開催

2020/04/12

4月12日は11:00よりプチ・パントリーを開催しました。6月20日からは偶数月の第3土曜日に行うパントリーですが、まだ2か月以上も先のことになります。現下のコロナウイルス禍で厳しい状況におかれているご家庭に少しでも役に立つことができればと思いお声がけをし21世帯へ食材を手渡すことができました。この先も食材が一定程度ストックできればこのプチ・パントリーを開催していきます。コロナウイルスの感染リスクを回避するため、私ともう一人の最少人数で準備をして玄関先で受付をしたうえで、食材をお渡しする方式をとりました。はじめてお目にかかる方が多かったので、いろいろお話ができればよかったのですが、今回はそれは控えて「みんなの食堂」のチラシや羽生の杜ミニパンフをお渡ししてお帰りいただきました。この方々も「みんなの食堂」を利用していただければ嬉しい限りです。お米は地元の農家さんから、冷凍中華弁当は子ども食堂ネットワークを通してベルーナさんから、大阪王将からラーメン、地元の遊技場さんからお菓子をそれぞれ提供いただきました。そのほかストックしてあった調味料も併せてお持ちいただきました。家族の人数に合わせて箱詰めをして速やかに手渡しできるようにしました。先ずは第一回目のプチ・パントリーを無事終了です。
 650
  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー