11月 羽生・がん哲学カフェ

2019/11/28

羽生の森の風景です。広葉樹が少ないのて紅葉の絶景には程遠いのですが、晩秋を感じるに不足はありません。今日は「羽生・がん哲学外来カフェ」でした。私を含めて出席者は3人でしたが、その分たっぷり密度の濃い話し合いが出来ました。そんなわけでカフェの写真を撮り忘れてしまい雑木林のスナップ写真を掲載させていただきました。次回は来年1月23日ですが、緩和ケアについて羽生総合病院の三浦先生にお話をいただく予定です。お誘い合わせのうえお出掛けください。

  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・

  • カロムの普及に努めています。
  •  
    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
   大震災被災者の方々自立支援を行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。

  • 生活・終活支援