加須市㈱市流様に加須フードパントリー活動仲間と訪問

2020/09/15

9月15日は午後より加須市にある㈱市流さまに加須のフードパントリー活動の仲間とお邪魔してきました。この会社は「障がい者就労継続支援施設A型事業所」に認定されている企業で、障がい者の自立・支援を目的の事業所として5年前に収益事業とは別に開設されたそうです。事業内容は野菜(主にはキャベツ)をカットして食品加工メーカーに出荷する業務です。その上、地域貢献の一環として年間を通してフードパントリーや子ども食堂にキャベツを寄付してくださるというお話をいただき、今日の訪問はご挨拶と打ち合わせのためでした。業務用に仕入れるキャベツとは別途にパントリーのためだけに年間を通して調達し提供くださるという破格のご提案に驚きとともに有難くお受けさせていただくことになりました。パントリーにおいてお米や野菜は非常に喜ばれる貴重な品の一つです。早速、今週開催の加須のパントリーから開始されることになり嬉しい限りです。子ども食堂やパントリーの活動がいろいろな企業や市民に浸透し地域単位で互助・共助のつながりができるのは理想的なカタチではないでしょうか。写真は打ち合わせの様子と巨大なキャベツの保管冷蔵庫です。
  • 高齢者の地域コミュニティづくり、子どもの居場所づくりについてお気軽にご相談ください。

  • 活動資金の寄付ご支援に皆様のご協力をお願い申し上げます

  • ・・・・・・・・・・・・・・・


  • カロムの普及に努めています。
  •  

    ゆずる気持ちを広めるシンボルマークです。
  大震災被災者の方々自立支援を
  行っています。

  • 時間・空間・仲間を大切に「居場所」を創造します。
     

  • すくすく広場とは、あそび・まなび・たべるを中心に様々な活動をしています。
     
  
  生活・終活支援

  
  古民家コミュニティー